薬天(やくてん)

小学校教員→専業主婦時々ポスティングスタッフのアラサー女が様々な体験談を語るブログ

薬天

災害ごみを見て自分の持ち物について考える

vol.408

 

連日報道される西日本豪雨被害。

次々と明らかになる被害の大きさに心を痛めている毎日です。

 

報道を見て色々と思うことはあるのですが

私が特に気になったのは

災害ごみの多さ。

 

f:id:satomiman10:20180713122453p:plain

雨水や土砂に流されて使えなくなった

家具や家電を撤去する場面がテレビで流れると

そのものの量の多さに愕然としました。

 

決して災害にあって辛い思いをした方の持ち物について

物申しているわけではありません。

ただ

災害ごみとなったものが積み上げられている光景

まるでガードレールのように永遠と続いているごみの山を見て

自分の家がもし災害にあったときを自然と考えていたのです。

 

もし私が今後災害によって

家が住めない状態になってしまったら

 

きっと私は今回報道されていた方と同じように

一人では到底撤去作業ができず

色々な方に助けてもらいながら

使えなくなったものを処分していくでしょう。

 

間違いなく災害ごみを出すことになります。

 

でも

普段から自分の持ち物を見直し

最低限のもので生活ができていれば

万が一のときも

多くのごみを出さずに済むのではないか

と思うのです。

 

この観点でもう一度部屋を見渡してみると

現状まだまだ自分の家の物の量は多いと感じます。

 

今回の豪雨被害で出た災害ごみをすべて処分するのに

少なくとも2年はかかるとテレビで報じられていました。

 

万が一のときに

廃棄するものを最低限しか出さなくて済むように

普段から対策をしておけば

ごみの量も減り、環境も守られ

助けに来てくれる人も他の復旧作業に力を注いでもらえる

そう思ったので

今後は万が一の場合も考え

もう一度自分の持ち物を見直そうと決意しました。

 

早速一つ行動を起こすことができたので

明日はそのことを詳しく記事にしようと思います!

 

質問、感想、情報提供、お待ちしています‼‼‼ f:id:satomiman10:20170903114131p:plain

 

 

▼ こちらもぜひ!