薬天(やくてん)

小学校教員→専業主婦時々ポスティングスタッフのアラサー女が様々な体験談を語るブログ

薬天

教員採用試験にお金はかかるのか?

vol.339

 

そろそろ教員採用試験の要項が

発表される時期となりましたね。

 

グーグルサーチコンソールを見ると

検索キーワードの中に

教員採用試験 お金

というものがあり

 

少しでも自分の経験が役に立てばと思ったので

記事を作成することにします。

 

ズバリ!

教員採用試験を受けること自体には

お金はかかりません。

 

受験したい都道府県の教員採用のHPに行けば

要項は簡単にダウンロードできますし

最近は願書も電子申請が主流となってきているので

郵送料もいらないくらいだと思われます。

※ 郵送が必須の地域もあるかもしれません。

ご自分の受ける都道府県の採用試験情報をご確認ください。

 

 

強いてお金がいる場面といえば

参考書代

ではないでしょうか。

 

私は大学が教育学部だったので

周りの人はほとんど教員採用試験を受ける人ばかりでした。 

 

みんなが教員採用試験を受けるにあたって

必ず持っていたのがこちら。

  ※画像をクリックすると商品ページへ移動します。

公務員試験の名門、東京アカデミーの参考書と問題集です。

この赤い表紙がかなり印象的でした☆

 

現在は表紙のデザインが変わっているようですね。

ただ問題集としては

こちらを持っている人の方が多かったような気がします。

みんなが全てを買っていたわけではなく

それぞれが自分で選んだ参考書を

繰り返し、繰り返し解いていました。

 

あと欠かせないのは学習指導要領。

これと全ての教科の解説編を使って勉強をします。 

 

・・・ということで

参考書を使って学習する場合は

テキスト代として1万円くらいあれば

十分ではないかなと思います。

 

・・・と

こんなに曖昧な表現で言っているのは

私自身は

これらの参考書や問題集で対策をしていないから

なのです(;´Д`)

 

まさか一発で受かるなんて思っていなかったので、私は

いかにお金をかけないで勉強できるか”という謎のテーマを掲げ

勉強をしていました。

 

私はかなり冒険的な方法をとったので

あんまり参考にならないかもしれませんが

詳しい勉強方法について気になる方はこちらをご覧ください。

 

 

これから採用試験を受ける方の参考になれば嬉しいです。

 

質問、感想、情報提供、お待ちしています‼‼‼ f:id:satomiman10:20170903114131p:plain

 

 

▼ こちらもぜひ!