薬天(やくてん)

小学校教員→専業主婦時々ポスティングスタッフのアラサー女が様々な体験談を語るブログ

薬天

遠距離の末結婚。違う土地で教員を続けるなら(参考)

vol.232

 

私は遠距離恋愛の末結婚し

違う土地への移動とともに

教職を離れた人間ですが(;^ω^)

 

もし

違う土地でも

教員を続けたい!

という強い意志を持っていた場合

どうしたらよいかを

 

なんとなーく調べたことのある

自分の経験と

人から聞いた話をもとに(^^;

記事にしようと思います。

f:id:satomiman10:20180119195459p:plain

まず

違う土地で教員を続ける場合

その都道府県の

教員採用試験情報を確認すること

を第一に行います。

 

 

今は教員不足の場所が多いので

〇年以上の経験がある場合は優遇

された試験内容であることが多いです。

※残念ながら全然優遇措置がない場所もあります(;´Д`)

 

一般的には

教養試験→面接・模擬授業・小論文・実技

の2次試験方式で行われることが多いですが

 

経験がある場合は

教養試験免除の面接のみとか

教養試験の点数に何点か加点がされるとか

が多いかと思います。

 

 

この内容によって

働きながらどのような対策を取ればよいか

作戦を立てる必要があります。 

 

ここでいう経験者は

直前まで現役の教員でなければならない

場合もありますので

※ 私みたいに辞めてブランクがあったらNGということ

 

経験者の条件もしっかり確認してください(´・ω・`)

 

 

あと

経験者優遇の試験日程

二次試験と同じ日の場合

独自に組まれている場合がありますので

事前にチェックが必要です。

 

 

大体夏休み期間中に設定されていますが

1次試験が夏休み前

2次試験が夏休み後の可能性もあるので

 

その場合は

きちんと試験を受けられるように

予定を考えないといけないですね。

 

 

この記事を真剣に見ている方は

ご存知だと思いますが

 

受ける年の5月頃には

採用試験の募集要項が出ます。

 

でも

昨年度の募集要項も結構参考になりますので

他の場所の受験を考えている方は

今のうちにチェックしてみてください☆

 

原則として

(優遇措置はあるにしても)

もう一度教員採用試験を受ける

ことになるのですが

 

 

ごくまれに

教員同士の交換

というのもあり得るみたいです。

 

これは何かというと

 

あなたが結婚して

A県→B県で教員をしたいと思った時期と

 

同じ時期に何かの理由で

B県→A県で教員をしたいという人が

表れた場合

 

試験をすることなく2人が交換される

というシステムです。

 

 

私が結婚する前

自分の恋愛事情を説明すると

 

”交換制度もあるとかないとか…”

 

というアドバイスを

よくいただいたのですが

 

実際に交換制度を使った人の

体験談は聞いたことがありません。

 

違う土地で教員を続けている人の例は

色々なところから聞いたことがありますが

全て試験を受け直した人でした。

 

 

甘い条件は

そんなに転がっていないということですね笑

 

もし交換で異動した先生がおりましたら

ぜひ体験談を教えてください(^^)/

 

私も知りたいです!

 

質問、感想、情報提供、お待ちしています‼‼‼ f:id:satomiman10:20170903114131p:plain

 

 

▼ こちらもぜひ!