薬天(やくてん)

小学校教員→専業主婦時々ポスティングスタッフのアラサー女が様々な体験談を語るブログ

薬天

手袋をしたままで上手くチラシ配りをする方法

vol.220

 

昨日が

ポスティングの仕事始めでした。

 

以前の記事

に書いたように

 

手袋をしながら

素早くポスティングをする術

本格的に考える時期が到来しています!

 

この2日とも

気温が低く

絶対に手袋を外したくない状況

 

そこで開発したのが

おうぎ形作戦

 

チラシを扇形にして

山側(ビラビラしない方)を持って

配るのです。

 

 

ポイントは

ある程度束にしてから広げること

 

枚数が少ないと

紙が重なってかえって手間がかかります(;^_^A

 

※ただし風の強い日に限っては

風にチラシが持って行かれ、かえって配りにくくなりますので

アパートに配る件数分だけを持って扇形にするといい感じになります! 

 

 

この方法を開発したときばかりは

教員やっててよかった~ ブルゾン〇〇み

と思いました。

 

毎日何十枚もプリントを配りますからね(;^ω^)

 

そして

折り目の方(ビラビラしていない方)

を持って配ることも大切です☆

 

今まで使っていた手袋が大分傷んでいたので

その代わりにと、年末に指先が出る手袋を購入したので 

f:id:satomiman10:20180329213007j:plain

また検証したら記事にしたいと思います。

 

【追記】

結局今年は厚手の手袋で冬のチラシ配りを乗り切りました。

最初はゴワゴワしてつかみにくかったですが

慣れると手袋の上からでもチラシの感覚がわかり

自分が思ったおよその枚数をとって配ることができました☆ 

 

質問、感想、情報提供、お待ちしています‼‼‼ f:id:satomiman10:20170903114131p:plain

 

 

▼ こちらもぜひ!